認知症アロマテラピー@東山公民館

スポンサーリンク

認知症アロマテラピー

認知症アロマテラピーの出張講座に東山公民館まで行ってきました!

 

今回はほぼ満席状態。関心の度合いが高いことが伺われます。

 

嗅覚と認知症には関係があると言われていて、
嗅覚を刺激することで認知症の初期症状である『もの忘れ』を軽減されると言われています。

更に嗅覚障害が運動機能低下を招くという研究結果も出ていて、
ますますアロマテラピーが注目されそうです。

アクティブなアロマ講座へ

今回の出張講座の進行は、
通常とは変えて書き込み先にしたり、質問したり、認知症テストしたり、、、と、
かなりアクティブに進行しました。

さらに実習はいれずに、香りのお土産をお渡ししてすぐに実践していただけるようにしました。

香りを意識するくらし

嗅覚を刺激する方法は、アロマテラピーだけではありません。

香りを積極的に香ることでも嗅覚を鍛えられますから、
お料理をするときに薬味などをふんだんに使ったり、
花の香りや果物の香りなど『香り』『匂い』に積極的い意識を向けるだけでも変化があるそうです。

ガーデニングがお好きな方なら、香りが高いハーブを植えるのもいいですね。

 

そんなお話をしながら、私も楽しく授業をさせていただきました。

東山公民館さんでは、12月にも講座を予定しています。

こちらは楽しい実習も入れています。

今回はハーブたっぷりのバスソルトを作ります♪

お問合せ、お申込みは東山公民館さんへ

086-276-6202
9:00~21:00(月~土)~17:00(日)
休刊日:水曜

スポンサーリンク