【私のアロマ人生最後の仕事】

スポンサーリンク

私のアロマ人生最後の仕事

20年以上をアロマと共に歩いてきた私が、
アロマ人生最後の仕事として成し遂げたいことが動き出しました。

それは
【介護、アロマ両方の専門知識を持った介護アロマケアセラピストが活躍する世界を目指すこと】

 

アロマテラピーを実践している方の多くは、この分野に興味があることでしょう。
また日本全国を見渡せば、たくさんの団体が「介護アロマ」を実践しています。

この思いに到達したのは、母親の存在が大きくあります。
年齢以上に元気だった母親が平成30年西日本豪雨災害後に大病を患い、
日に日に『できないこと』が増えていきました。

 

以前通りとは言わないにしても、前向きに笑顔でいる母親をもう一度見てみたい。
とサポートしますが、家族だから故にうまくいかないことが多くあります。

そんな中、第三者だからこそ寄り添えることがあることを知りました。

 

『できないこと』をサポートすることが大切なのではなく、
『できること』を維持していくことが重要であることも知りました。

 

そして前進するには本人の前向きな意欲が必要であることは言うまでもありません。
ですがその意欲を引き出すには、本人や家族の力だけでは難しいのです。

 

前向きな意欲は、寄り添いながら話しに耳を傾けられ、コミュニケーションの中で生まれてくることも多くあることを母親から学びました。

 

私はこのお役目をアロマセラピストが担う世界を目指したい。

アロマセラピストは自らを『トリートメントをする人』と線を引かず、必要な介助も行いながら高齢者の残存機能の維持と、QOLの向上を目的とした介護アロマケアセラピストになってほしい。

私が目指しているのは、ボランティアでの実現ではありません。

 

『単なる理想論』だと言われる方も多くいるでしょう。

 

今まで私のこの思いを否定されたこともありますし、
現場の方たちからは、受け入れなかったことも経験しています。

ですが、私がお話ししていることは本当に単なる理想論でしょうか。

 

介護施設や病院で

介護施設や病院で、

『アロマがあればいいのに』
『アロマならボランティアに来てほしい』
という要望があるのはなぜなのでしょうか

これが、すべての答えだと思っています。

今は、どこか一つの団体が行うことよりも、日本各地のプロフェッショナルが活躍する時代です。
「介護アロマケア」を実践している団体はたくさんありますので、可能な限り情報交換しながら、

『介護アロマケアセラピスト』が活躍する世界を実現したい。

 

これを私のアロマテラピー人生最後の仕事として、
実現に向けて進みたいと思います。

 

アロマセラピスト、介護職、看護師、理学療法士など、
専門知識をお持ちの方に対応した内容を近々発表したいと思います。

 

何分にもこれから挑戦していくことなので、訂正や修正があることなどどうぞご了承くださいませ。

 

スポンサーリンク