西日本豪雨に際して

西日本豪雨…正式には「平成30年7月豪雨」と命名されたのですね。

この度の豪雨により、各地で被害を受けられたみなさまに心からお見舞い申し上げます。
まだ支援が十分でない地域の早急な復旧を心よりお祈りしております。

 

私の両親が住んでいた倉敷市真備町も壊滅的な被害を受けました。

 

両親が家に取り残されたのが7月7日。
翌8日のお昼過ぎに無事救助されてからの約10日間は、瓦礫と化した家財道具の撤去に追われていました。

 

昨日あたりから片付けのめどもつきはじめ、これからのことに少しずつ頭を切り替えております。

 

その間、みなさまには何もご案内をできずご迷惑をおかけいたしましたことを心よりお詫び申し上げます。

 

まだまだしなければならないことが山積みですが、リシェスとしては本日から業務を少しずつ再開させていただいております。

 

 

今までご不便をおかけいたしましたこと、心よりお詫び申し上げますとともに、
今後ともご協力、ご支援の程を心よりお願い申し上げます。

 

 

今回の災害については、私自身思うことが多くありました。
またこんな時だからこそ活用したアロマの力も感じることができました。

それらについては、今後追記させていただきたいと思っております。

 

まずは取り急ぎ、ご協力、ご支援いただきましたたくさんのみなさまへ、心からの御礼申し上げます。

スポンサーリンク